×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【短編ジョーク】寝起き(495文字)
とある一人の男が目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋だ。
中は薄暗く、男は手探りで部屋を探索する。

丁度近くにあった机。
右下にある3つめの引き出しを引くと1つのボタンスイッチを見つける。
なんだろうと疑問に思ったが、男はとりあえずスイッチを押した。
すると部屋に一つだけあるドアが、音を立てて開いたのだ。

男はその音に驚いた。
同時にドアの向こうからの光により、部屋の中の状況がわかる。
机、タンス、布団、テレビ、金庫など
何の変哲もないただの部屋だ。

「外にはなにか恐ろしい事があるのかもしれない」
ひとまず男は、部屋の中を探索した。
すると部屋のあちこちから、先ほど押したスイッチと
同じ様なボタンスイッチが、沢山出てくるではないか。
見つけただけでも、20個以上はある。
布団の上でそれらを確認していると、急に部屋の電気がついた。
思わず男は上を見る。

天井には大量のダイナマイトらしき筒と共に。
このようなメモが貼られていた。

「この部屋の中にいくつかのスイッチが隠されている。
その中の1つは鍵の掛かった扉が開き
お前は生きてそこから出られる。
それ以外のもの全ては天井にある爆弾が爆発し
お前の命を奪う。
好きなスイッチを押せ」

110分
ひかり
「星新一先生とか海外の短編ジョークとか、
結構好きで読んでたりします。
ただ、いざ自分で書いてみようとなると題材が難しく、
この手のネタは結構多く出回ってるもので、
「被ってないかな?」と心配になりますね」